読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水底

ScalaとかC#とかネットワークとか

MINILA Air US赤軸ベース青クリア混合にしてみた記録

こんな感じでキー軸を加工して,

こんな感じに配線しなおして,

こんな感じにModifierキー中心に青軸とクリア軸に入れ替えてみました. ハンダ付けの下手さに泣きました.

入れ替えたキーは基盤にハンダ付けできないのですが, 特にグラつきが気になることはありませんでした. 青軸は凄くいい感じです. (クリア軸はよくわからん…

配列は, ソフト側ではSeilを使って,

  • L-Win → 無変換
  • L-Fn → L-Win(L-Cmd)
  • R-Fn → かな(R-Cmd)
  • App → Fn

となりました. JPとUSで同じ基盤を使っているようで, ご丁寧にキーマトリクスも全てプリントされていて, キー入れ替えでそれほど悩むこともありませんでした. 一部配線的に殺されている場所もあるけれど…

ちなみにキートップは重量化+Oリング装備. 青軸部分も静かで, 赤軸部分はスコスコ(?)とHHKBとメカニカルのいいとこ取りした感じで打鍵できてます

押しやすい位置にあったFnをKeyCodeを送ることができるキーに入れ替えられたので幅が広がりますね!! 今度はソフトウェアレベルでDvorakに回帰したい所…


結論

カイオーガかわいい


参考