水底

ScalaとかC#とかネットワークとか

IllustratorやPhotoshop(CS6)をHiDPI対応させる

タイトル通り. 前々から高解像度ディスプレイで利用する時にIllustratorPhotoshopのメニューが非常に小さくなって困っていました. CCからは公式でHiDPI対応していますが, CS6は対応されずどうしようもないと思っていたんですが…

(※ Creators Update後に利用できる別アプローチを追加しました)

(推奨) Windows10 Creators Update以降を利用している場合

Creators Updateで追加されたスケーリング機能がこの問題にも適用できることを確認しました.

Illustrator.exe, Photoshop.exe 共通で,

  1. アプリを右クリック → Properties
  2. Compatibility タブの Override high DPI scaling behavior Scaling performed by にチェック
  3. プルダウンリストから System (Enhanced) を選択して適用 (基本的には System より System (Enhanced) の方が良いが, 環境によっては System の方が見やすい場合があるので見比べるといいかも)
  4. Illustrator, Photoshopを起動する (PC再起動は不要のはず)

この手法は余計なファイル作成や手動でのレジストリ変更が不要なため, また, スケーリングの質も同等以上になるため, Creators Updateをしている場合は下記の手法よりこちらを優先するべきです. もし既に下記の手法を適用している場合でも, 追加したファイルとレジストリキーの削除をしてこちらに移行すると良いです. ちなみにAfter Effects等の別アプリにも同様に適用できます.

それ以外の場合

Windowsをアップデート/アップグレードすることをまずおすすめしますが, 以下の方法も利用できます.

レジストリを弄ることになるので注意してください.

surfaceproartist.com

  1. regedit を開いて HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\SideBySide\PreferExternalManifest (DWORD) キーに 1 を設定する. キーがない場合は新規作成して設定する

  2. Illustrator.exe.manifest という名前のファイルを以下の内容で作成して, Illustrator.exe のある場所 (大抵は C:\Program Files\Adobe\Adobe Illustrator CS6 (64 Bit)\Support Files\Contents\Windows) に保存する

  3. Photoshopも同様に Photoshop.exe.manifest を以下の内容で Photoshop.exe のある場所 (大抵は C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CS6 (64 Bit)) に保存する

  4. Illustrator, Photoshopを起動する (PC再起動は不要のはず)

ちなみに,

マニフェストファイル(*.exe.manifest): アプリケーション起動時に読み込む一部の設定を記述したファイル. 実行ファイル(*.exe)に埋め込まれていることが多いが外部ファイルにすることもできる. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\SideBySide\PreferExternalManifest(DWORD): 外部マニフェストファイルの読み込みを許可するフラグ. セキュリティ的に(?)デフォルトでは無効になっている様.

Adobe CS6 manifest file for HiDPI on windows