水底

ScalaとかC#とかネットワークとか

ansibleで環境変数の利用

認証情報を 雑に 渡したかった (※環境依存であまりよくないので, 良い子はansible vaultやファイル分割で扱いましょう).

ローカル (Controller host) の環境変数

"{{ lookup('env', 'XXX') }}"

リモート (Remote host) の環境変数

"{{ ansible_env.XXX }}"

なんかネット漁っても上記2つを混同しているものが多かったのでメモ.